クルマを売却する場合や、それから中古車の売買時も印鑑証明が必要です。この印鑑証明という書類に関して解説していきます。印鑑証明という書類は、その印鑑が実印として効力を持つという事実を裏付ける目的を持つ正式な書類です。これがない場合には、その印鑑について実印として効力を持つかどうかが実証できません。大金が動く取引になる車の売却ですから、実印が必要ですがそれと同時に印鑑証明という書類が出てきます。この印鑑証明をつくるには、はじめに印鑑証明の手続きをしなければなりません。印鑑証明に登録するはんこは普通、実印と言われ世界で唯一のハンコでなくてはなりません。実印を手配して、役所の窓口へ出向けば印鑑登録をすることができます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードなるものが発行され印鑑登録をしたはんこは実印として認められたということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには役場の窓口で、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを持参するだけでできます。さらに、自動交付機でも印鑑証明を発行する事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はありません。ですのでどれだけ前の印鑑証明でも印鑑証明としての効力は続くことになります。しかし自動車売却の時は印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものとされています。ほとんどのケースで期限を定める必要はないのですが車買取の際には、店側が有効期限を教えてくれるので仮に車買い取りの予定があるなら、事前に準備しておくことが望ましいです。

Copyright © 2002 www.veniceinfosite.com All Rights Reserved.